EMCジャパン、アーカイブ専用ストレージのOS機能を拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、アーカイブ専用ストレージのOS機能を拡張


掲載日:2008/04/15


News

 EMCジャパン株式会社は、アーカイブ専用ストレージ「EMC Centera」のOS機能を拡張した新OS「CentraStar 4.0」の提供を、開始した。

 「CentraStar 4.0」では、システム内の個々のディスクドライブに保持できるオブジェクト量が2倍となり、音声データや各種センサ出力データ、RFIDタグ情報など、小さいサイズのオブジェクトを大量に管理することができる。自動管理機能/自動修復機能も向上し、従来製品に比べ最大25%の高速化を達成した。また、システムの柔軟性が向上し、アプリケーション/管理/レプリケーションそれぞれのトラフィックを分離/構成して個別に管理できる機能が追加され、パフォーマンスを最適化することができる。更に、パスワードの設定ルールをユーザが構成し、セキュリティを強化できる機能も追加されている。

 また同社は、SNIA(Storage Networking Industry Association)と連携して標準化を進めているXAM(eXtensible Access Method)仕様向けのソフトウェア開発キットも、8月より提供する。これにより、「Centera」向けに開発したソフトウェアをXAMに対応した他社のストレージとのアクセス管理にも使用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021918


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ