NECなど、印刷密度約610dpiの小型ラベルプリンタを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、印刷密度約610dpiの小型ラベルプリンタを出荷


掲載日:2008/04/14


News

 日本電気株式会社とNECパーソナルプロダクツ株式会社は、設置面積がB5サイズクラスの業務用小型ラベルプリンタ「マルチコーダー 500L6T」シリーズ9モデルを、5月12日より出荷する。価格は、29万8000円からとなっている。

 「マルチコーダー 500L6T」シリーズは、製造業での銘板シールや小さいバーコードなど、細かい文字/マークの印刷に適したラベルプリンタ。ラベルをそのまま排紙する「標準モデル」や、ラベルを1枚ずつ切り分けて排紙する「カッターモデル」などラベルの出力方式や、USB/無線LANなどのインターフェースをユーザの業務に合わせて選択することができる。同社の従来製品に比べ2倍の印刷密度となる24ドット/mm(約610dpi)で印刷でき、高さ3mmの小型ラベルへの印刷も可能となっている。

 印刷ヘッドの温度を適切に保つためにヘッドに加える熱量を自動的に調節する機能を搭載し、印刷開始直後や長時間の連続印刷時でも、バーコードや2次元コードの印刷ムラを抑え、白抜きの白黒反転した文字/ロゴマークなども鮮明に印刷することができる。Windows Vista対応のラベル作成/印刷ソフトウェア「LabelStar Lite」を標準添付し、追加のアプリケーション購入不要でラベル印刷業務に対応することができる。日本で使用されている様々なバーコード/2次元コードに対応するソフトウェア「BarStar Pro」も添付され、プリンタ解像度に合わせた精度に優れたバーコード/2次元コード印刷機能をアプリケーションソフトへ組み込むことができる。

 添付のプリンタ状態監視ソフトウェア「PrinterSignalStation」は、紙詰まりなどのエラー発生や印刷完了など、プリンタの状態を手元のPCからリアルタイムに把握でき、複数プリンタの状態を一覧表示することもできる。容易にプリンタの設定/変更が可能なソフトウェア「リモートパネル」も添付されており、使用中のプリンタの設定内容を読み込んでファイルに保存できるため、容易に複数台数のプリンタ設定を行なうことができる。Windows 2000/XP/Server 2003/Vista用のプリンタドライバも標準添付されている。


出荷日・発売日 2008年5月12日 出荷
価格 29万8000円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021895


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ