提携:KEL、データセンタに適した米NetAppのVTL製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:KEL、データセンタに適した米NetAppのVTL製品を提供


掲載日:2008/04/14


News

 兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)は、エンタープライズデータセンタに適した米NetAppのVTL(仮想テープライブラリ)製品「NetApp NearStore VTL」の提供を、開始した。価格は、標準構成で1780万円からとなっている。

 「NearStore VTL」は、異機種混在のストレージ環境やテープライブラリ環境で、既存のバックアップ環境を変更せずに導入できるVTL製品。データ容量は4.5TBから168TBまで拡張でき、CIFS(Common Internet File System)/NFS(Network File System)/iSCSI(Internet SCSI)プロトコルによるファイル共有が可能となっている。また、実際のテープ上にデータを転送する際の圧縮率を予測することで、他ベンダのVTLを介した物理テープストレージ上の容量を最大50%節約できる“Tape Smart Sizing”機能に対応している。

 ロードバランシング(負荷分散)機能にも対応しており、バックアップの際に最もパフォーマンスの高いディスクに自動的にバックアップ先を切り替えることができる。新しい仮想テープを作成する際には最もパフォーマンスの高いRAIDセットを検知し、バックアップが開始されるたびに仮想テープをそのRAID上に移動することができる。また、デクルー社のアプライアンス「DataFort」とシステムアップすることでデータの暗号化にも対応する。「NearStore VTL300/VTL700/VTL1400」では、圧縮率3:1を可能とするデータ圧縮技術が採用され、コスト削減とパフォーマンス向上を可能としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 標準構成:1780万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 クラウドベンダーがメールのバックアップも…その過信が招く危険 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021893


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ