日本HP、x86サーバ/ブレードサーバの新製品や値下げなどを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、x86サーバ/ブレードサーバの新製品や値下げなどを発表


掲載日:2008/04/11


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、x86サーバ「HP ProLiant」や第3世代ブレードサーバ「HP BladeSytstem」で、新製品の発売や既存製品の価格改定、教育サービス/認定制度の強化を、発表した。

 新製品では、機能を絞り込みコストパフォーマンスに優れた1u(高さ4.4cm)ラックマウント型の1Pサーバ(1基のプロセッサを搭載したサーバ)「HP ProLiant DL120 Generation 5」が、5月中旬より出荷される。価格は、5万7000円からとなっている。また、2u/2Pサーバ「HP ProLiant DL180」の新世代「G5」や、管理機能に優れた1u/1Pサーバの「HP ProLiant DL320 G5p」、性能/機能に優れたタワー型サーバ「HP ProLiant ML350 G5」の新プロセッサ対応モデル、ラックマウント型ファイルサーバ専用機「HP ProLiant DL160 Storage Server」も発売される。

 更に、システム環境をLinuxで統一したいユーザ向けに、Linux上で稼働し同社製サーバの統合管理ツール「HP Systems Insight Manager」と直接連携することで、Linuxサーバの監視/管理や情報表示、警告/通知、レポートの発行などを可能とする管理ソフトウェア「HP Insight Control Environment for Linux」も発表された。

 価格改定では、「HP ProLiant」ファミリの本体165製品に関し、従来比最大25.4%、平均15%の値下げを実施した。同社のストレージソリューション「HP StorageWorks」の一部製品を含むオプション30製品についても価格改定を実施する。

 教育サービス/認定制度の強化では、「ProLiant」/「BladeSystem」関連教育サービスを提供するトレーニング施設を従来の3倍に拡大し、一度に最大定員40名までのトレーニング開催を可能とする。また、「HP認定プロフェッショナル・プログラム」に「HP BladeSystem」用の資格を新設し、システム構築や保守に有用な製品知識を備えたエンジニアをHPが認定することで、パートナー各社のより正確な製品知識の習得を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021884


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ