I-Oデータ、FireWire800とMac OS X 10.5に対応した外付HDDを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、FireWire800とMac OS X 10.5に対応した外付HDDを出荷


掲載日:2008/04/11


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、FireWire800(IEEE1394b)とUSB 2.0に対応した外付けHDD「HDCN-UE/M」シリーズを、5月上旬より出荷する。価格は、320GBの「HDCN-UE320/M」が2万円、500GBの「HDCN-UE500/M」が2万5300円、1TBの「HDCN-UE1.0/M」が4万8700円となっている。

 「HDCN-UE/M」シリーズは、電源回路を内蔵しながら約幅42mm×奥行き185mm×高さ147mm(本体のみ)とコンパクトなMac/Windows対応の外付けHDD。Mac OS X 10.5“Leopard”に搭載されたバックアップ機能“Time Machine”に対応しており、システムファイル/アプリケーション/アカウント/設定などMac上のすべてのファイルをバックアップすることができる。また、登録した2つのフォルダの内容を同期できるソフトウェア「Sync with」のMac対応版をダウンロードでき、容易なマウス操作でデータをバックアップすることができる。



出荷日・発売日 2008年5月上旬 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021879


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ