提携:サスライト、USBキーで社内環境に接続できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:サスライト、USBキーで社内環境に接続できる製品を発売


掲載日:2008/04/10


News

 株式会社サスライトは、専用の認証用USBキーを既存のPCに挿すことで、社内のメール/ストレージ/Webアプリなどに安全に接続し、セキュリティポリシーを保った状態で個人の仕事環境を構築できるソリューション「SASTIK III Thin-Client Layer」を、発売する。

 「SASTIK」シリーズは、2因子認証を提供するハードウェアキー認証ソリューション。USB自動起動により、挿すことで自動的に利用でき、URLやIDの入力が不要なため、導入時の研修コストを削減でき、ユーザの拒否反応やストレスを抑えることができる。また、標準で監査ログ/暗号化通信/キャッシュクリア機能を内蔵し、管理側/通信/エンドポイントのセキュリティを包括的に向上させることができる。

 今回発売される「SASTIK III Thin-Client Layer」では、Windows実行中のPCに専用の認証用USBキーを挿すと自動的にサーバに接続し、一時的な作業エリア“シンクライアントレイヤ”上に個人の仕事環境を構築する。使用後は同エリアごと消去するため、情報漏洩を防ぐことができる。同エリアから通常の保存エリアへのファイル複製(ダウンロードや“名前をつけて保存”)を禁止することもできるため、セキュリティポリシーに沿ったシステム構築が可能となる。どのIDにどの機能を使用可能とさせるかを管理できるため、エンドユーザの使用場所を問わずセキュリティポリシーを保つことができる。

 画面転送型シンクライアントのようなOS/ソフトウェアのリモートアクセスライセンスが不要で、処理自体も端末側で行なうため、多くのユーザを廉価なサーバマシンで処理することが可能となり、トータルコストを抑えることができる。また、ユニアデックス株式会社との提携によりサポートを提供し、シンクライアント環境を構築から運用サポートまでワンストップで提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

安心・安全・快適認証ソリューション 「YubiOn」 【ソフト技研】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 【CA Technologies】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 物理環境並みのセキュリティをパブリック/ハイブリッドクラウドで実現するには 【ジュニパーネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
さまざまな認証のシーンにワンタイムパスワードを追加し、セキュアな二要素認証を実現可能にする。新たなハードウェアの購入やシステムの変更を行わずに導入可能。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 物理環境並みのセキュリティをパブリック/ハイブリッドクラウドで実現するには

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021868


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ