新技術:富士通研など、Webアプリ向け品質保証の基礎技術を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術:富士通研など、Webアプリ向け品質保証の基礎技術を開発


掲載日:2008/04/08


News

 株式会社富士通研究所とFujitsu Laboratories of America,Inc.は、Javaで実装された実用規模のWebアプリケーションが、業務仕様(処理すべき業務の規則)通りに動作することを自動的に検証するための基礎技術を、開発した。

 今回開発された技術は、小規模な組み込みソフトウェアなどの検証に適用されてきた形式検証技術(ソフトウェアの正しさを数学的な手段で証明する手法)を発展させ、受注管理システムなど実用規模のWebアプリケーションの業務仕様に対する検証を、網羅的/自動的に実施できる技術。プログラムに対して業務仕様を自動検証させることができ、開発者がテストシナリオ/テストデータを作成することが不要となった。

 Webアプリケーションの機能を画面処理/業務処理/DB処理の3つに分割し、業務処理部分のみを抽出して検証する範囲を限定することで、実用的なWebアプリケーションの検証が可能となった。また、変数に対し、テストデータを用いずに変数のまま実行することで、すべての入力バリエーションを試したことに相当する網羅的な検証を実施でき、従来のテストでは発見が困難だった障害の検出が可能となった。

 同技術を適用した実験では、従来30個程度のテストシナリオを用いて人手で検証していたWebアプリケーションの1機能に対し、1000個以上のテストシナリオに相当する網羅的な検証を実施でき、テスト工程の30%〜50%を自動化できることも確認された。また、同技術を適用することで、人手によるテストシナリオ作成が不要となるため、品質水準が向上され、均一化されることも期待される。今後、実プロジェクトでの試行を行ない、本格的な実用化に向けた技術の研究が行なわれる予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021819


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ