採用:JCB、RSAセキュリティのフィッシング詐欺対策を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:JCB、RSAセキュリティのフィッシング詐欺対策を採用


掲載日:2008/04/04


News

 RSAセキュリティ株式会社は、株式会社ジェーシービー(JCB)が、フィッシング詐欺対策サービス「RSA FraudAction」を採用したと、発表した。

 「RSA FraudAction」では、数十ヵ国の言語を駆使し、各国の法律/規制に精通したエンジニアが、米/香港/韓/独など、世界中の国々でホストされる不正サイトへの適切な対応を行ない、ほとんどのケースは5時間以内で、最短では5分以内にシャットダウンすることができる。これまでに構築されてきたAFCC(RSA Anti-Fraud Command Center:オンライン不正対策指令センター)とホスティング業者との信頼関係により、迅速なシャットダウンが可能となっている。

 JCBは、利用者向けサービスとして、オンライン利用明細の提供やWebでのキャンペーン応募などを行ない、“セキュリティ”と“利便性”を掲げ、安全な決済環境の整備に取り組んでいる。フィッシングサイトを発見後、ただちにシャットダウンすることで、Web利用者によるアクセスを回避でき、個人情報の不正取得を予防できるといった理由により、今回の採用に至った。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EDI」関連情報をランダムに表示しています。

「EDI」関連の製品

クラウド型企業間購買支援サービス 「購買WEBEDI/STANDARD」 【NEC】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 Biware らくらく受注 Pro 2 【インターコム】 Biware EDI Station 2 【インターコム】 Hi-PerBT ウェブ購買・購買管理(製造業向け) 【日立ソリューションズ西日本】
EDI EDI EDI EDI EDI
資材・原材料などの企業間購買業務のクラウドサービス。多言語、多通貨に対応。カスタマイズにより「自社専用システム」のような環境を実現可能。 B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システム選びの8つのポイント EDI導入で取引のリードタイムを短縮、管理の効率化とコスト削減のポイントは? 製造業で必要な生産材、消耗品、設備などの購入手配に対応した購買業務改善パッケージ。依頼部門からの購入申請、上長承認など購買業務の効率化を短期間・低コストで実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021798


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EDI > EDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ