SCS、データセンタでセキュリティパッチ仮想適用サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCS、データセンタでセキュリティパッチ仮想適用サービスを提供


掲載日:2008/04/03


News

 住商情報システム株式会社(SCS)は、同社のデータセンタ“netXDC”で、サーバOSなどのセキュリティパッチを仮想的に適用する「バーチャル セキュリティパッチ サービス」の提供を、開始した。価格は、サーバ10台までで月額18万円からとなっている。

 「バーチャル セキュリティパッチ サービス」は、物理サーバのセキュリティパッチをエミュレートする米Blue Lane Technologiesの専用アプライアンス「ServerShield」を利用したサービス。“netXDC”ユーザのネットワークに「ServerShield」を設置することで、ネットワーク上のパケットをモニタリングし、セキュリティパッチと同等の無害化処理を実施する。

 サーバに変更を加えずに無害化処理を行なうため、即座に保護対象のサーバの脆弱性を塞ぐことが可能となり、セキュリティホールが存在する時間を短縮することができる。また、動作検証プロセスやパッチのインストール作業の回数/時間を軽減でき、パッチ適用の工数/コストを削減することができる。ユーザ側では、「ServerShield」の機器購入や障害対応、保守管理などが不要となり、運用工数やコストを削減することができる。1サーバから利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 サーバ10台まで:月額18万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 Intel Security 【マカフィー】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 脆弱性ツール診断 【ソフトバンク コマース&サービス】 約4割が「深刻なセキュリティインシデント」経験―─調査が示す対策の隙 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 標的型攻撃対策──常に変化する攻撃から企業を守る「脅威情報の活用法」 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 WebサイトのURLを申請するだけで簡単に受けられる、サイトの脆弱性診断。最新のセキュリティ情報をもとに診断を行い、万が一リスクが見つかった場合には、対応策も提案。 約4割が「深刻なセキュリティインシデント」経験―─調査が示す対策の隙

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021778


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ