KEL、証跡管理も可能な統合ログ管理アプライアンス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KEL、証跡管理も可能な統合ログ管理アプライアンス製品を発売


掲載日:2008/04/03


News

 兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)は、デバイスログの一元管理などが可能な米LogLogic Inc.の統合ログ管理アプライアンス製品を、発売した。

 今回発売されるのは、ネットワーク上の様々なデバイスからログデータを収集/分析するアプライアンス製品「LX」ファミリーと、ログデータのアーカイブプロセスを中央管理で安全に構築できるアプライアンス製品「ST」ファミリー。「LX」ファミリーは、システム運用に求められるイベントログを収集/蓄積し、セキュリティ/ネットワークの問題を迅速に特定し、隔離/修復することを可能とするリアルタイムアラートとレポーティング、ドリルダウン(概要データから詳細データへ対象を絞り込んで掘り下げていく分析手法)機能を装備し、ITの生産性向上やセキュリティ/パフォーマンスの改善にかかるコストの削減を支援する。また、セキュリティ問題やシステム障害の対応管理も可能とする。

 「ST」ファミリーは、生ログデータの集約とインデックス化による迅速な検索や、ログデータの改ざん防止機能、長期保存の自動化機能を装備し、ログの管理コスト削減と、コンプライアンスに対応した証跡管理を支援する。これらにより、従来はシステムごとに個別に行なっていたログの管理/運用負担を改善できるほか、ネットワークトラフィックの異常やアプライアンスの異常をリアルタイム検知し、アラートとして通知することで、システム運用やセキュリティ運用を改善することができる。また、ストレージサーバなどとNAS連携したログ管理により、既存システムを利用した効率的なログ保存を可能とする。なお価格は、「LX」ファミリーが270万円から、「ST」ファミリーが972万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年4月1日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 保存だけでは死蔵する、膨大なセキュリティログを生かす「統合管理」を考える 【網屋】 情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール 【インターコム】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 ログの「取りあえず保管」から「宝探しの自動化」に 【網屋】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 保存だけでは死蔵する、膨大なセキュリティログを生かす「統合管理」を考える 標準機能が充実したセキュリティ監視ツール WindowsとMacの両方に対応 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
セキュリティ対策にはログを効果的に活用し、事故をいち早く検知して被害を最小限に抑える体制作りが重要だ。これまでは「保険」とされてきたログの活用を根本から見直す。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021777


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ