FQS、医療機関のペーパーレス化を図る文書管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FQS、医療機関のペーパーレス化を図る文書管理システムを発売


掲載日:2008/04/02


News

 株式会社富士通九州システムエンジニアリングは、医療機関に特化した文書管理システムパッケージ「Medoc」を、4月1日より発売する。価格は、315万円(税込)となっている。

 「Medoc」は、大量の紙文書を一度に電子化してペーパーレス化を図る機能や、電子カルテシステムとの連携機能、患者の個人情報にアクセス権限を設定する機能などを搭載している。検索機能も備え、患者/日付/診療科といった単位で横断的に文書を閲覧することができる。これらにより、医師の診療を迅速に支援でき、病院内の情報共有を図ることができる。また、システムの利用を浸透させ、ぺーパーレス化を促進することで、文書管理や保管スペースなどの費用を節減することができる。


出荷日・発売日 2008年4月1日 発売
価格 315万円(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

“デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは 【アドビ システムズ 株式会社】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
実は中途半端なデジタル化 プロセスに依存する紙の呪縛から解放できる? ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021752


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ