蒼天、USB記憶デバイスに対応したクライアント管理ソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


蒼天、USB記憶デバイスに対応したクライアント管理ソフトを出荷


掲載日:2008/04/01


News

 株式会社蒼天は、クライアント管理ソフトウェア「LogVillage2.0」で、USB接続された記憶デバイスのファイル情報を収集/管理可能とするなど、ファイル管理機能を強化した新版「LogVillage2.0 v2.1.0.0」を、出荷した。価格は、PC 50台までの基本パッケージが42万5000円からとなっている。

 「LogVillage2.0」は、稼働管理/操作ログ収集/資産管理/ファイル管理を行ない、J-SOX対応などの内部統制やIT投資の最適化、従業員の勤怠管理などを支援するクライアント管理ソフトウェア。クライアントに常駐ソフトウェアが不要な“エージェントレス方式”により、クライアントPCのパフォーマンス劣化やソフト不整合などを抑えることができる。

 すべてのプロセス情報(プログラムの実行情報)が収集され、Winnyなど使用禁止されているフリーソフトの実行を検知することができる。今回の新版では、プログラムを実行しなくても、PCのHDDやUSBメモリ内に使用禁止ソフトを保存しているだけでも検知することができる。また、USBメモリに保存されたファイル情報をすべて収集できるため、誰がどのファイルをUSBメモリに保存して持ち出しているのかを把握することができる。

 ファイル全体を総合的に管理可能となったことで、ローカルPC内やUSBメモリ内で数年間更新されていないExcel/Wordファイルの検出が可能となり、PCユーザも存在を忘れ放置されている過去の顧客データや機密情報を洗い出すことができる。また四半期ごとに、利用が禁止されているフリーソフト/シェアウェアを誰がインストール/所持しているかを検知するなど、内部統制を強化することが可能となる。


出荷日・発売日 2008年3月31日 出荷
価格 PC 50台までの基本パッケージ:42万5000円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは 【日本オラクル株式会社】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021744


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ