コレガ、ダブルチャンネル対応IEEE802.11n Draft準拠製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コレガ、ダブルチャンネル対応IEEE802.11n Draft準拠製品を発売


掲載日:2008/03/31


News

 株式会社コレガは、無線LAN高速化規格Draft IEEE802.11nに準拠した無線LANブロードバンドルータなど「GNM」シリーズ計5製品を、4月上旬より発売する。

 今回発売されるのは、無線LANブロードバンドルータ「CG-WLBARGNM」と無線LAN PCカード「CG-WLCB300GNM」、無線LAN USBアダプタ「CG-WLUSB300GNM」に加え、同ルータとPCカードまたはUSBアダプタをセットにしたモデル2製品の計5製品。「CG-WLBARGNM」は、Draft IEEE802.11n準拠に加え、2つのチャンネル(通信帯域)を束ねることで無線LANを高速化する“ダブルチャンネル”対応により、無線LAN速度300Mbps(理論値)を可能とする。セット品での無線LAN実効スループット値(同社計測値)は90.9Mbpsで、従来11g製品比約402%高速化を達成した。電波増強アンテナと、受信2本×送信2本で電波強度の向上を図る内蔵アンテナ“ツインパワーアンテナ”の搭載により、高速で安定した通信を可能とし、電波が届きにくかった場所でも通信状況を改善することができる。

 無線LAN設定“WPS”(Wi-Fi Protected Setup)を搭載し、容易にWPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2のセキュリティを設定することができる。WPA/WPA2 EAP(PPP Extensible Authentication Protocol)にも対応し、IEEE802.1xにより認証システムを構築することができる。また、通過するパケットの内容を判断して動的にポートを開放/閉鎖する“SPI”(Stateful Packet Inspection)や、IPのエラーメッセージや制御メッセージを転送するプロトコル“ICMP”(Internet Control Message Protocol)などのセキュリティ機能を搭載している。LAN内のプライベートアドレスを持ったVPNクライアントのパケットをインターネット側に通過させる“VPNパススルー”にも対応し、PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)とL2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)を利用することができる。


出荷日・発売日 2008年4月上旬 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021727


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ