採用:CAC、デジタルアーツの有害サイトフィルタを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CAC、デジタルアーツの有害サイトフィルタを採用


掲載日:2008/03/28


News

 デジタルアーツ株式会社は、同社の有害サイトフィルタリングサービス「i-フィルター Active Edition」が、株式会社CACの運営するケーブルインターネットサービス「CAC-NET」のセキュリティサービスに採用されたと、発表した。

 「i-フィルター Active Edition」は、ISP/CATV向け有害サイトフィルタリングサービス。CACは、同サービスの導入により、32のカテゴリ別に該当ページを遮断できるほか、カテゴリに該当した一部のサイトを例外的に閲覧可能とする機能を、顧客へ提供していく。また、Webを使用する時間を設定できるほか、閲覧の履歴やブロックした状況を確認できるといった機能も、提供していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

“アラートなし=順調”は誤り、完璧な防御を前提としないセキュリティ対策とは 【サイバーリーズン・ジャパン株式会社】 InterSafe MobileSecurity/InterSafe MobileSecurity Lite 【アルプス システム インテグレーション】 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】 DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】 これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい? 【アカマイ・テクノロジーズ】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
“アラートなし=順調”は誤り、完璧な防御を前提としないセキュリティ対策とは スマートデバイスのWeb閲覧やアプリ利用、社内アクセスを一括制御するセキュリティサービス。専用アプリ不要でSafariやAndroid標準ブラウザが使え既存システムに影響なし。 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021709


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ