アドバンスデザイン、企業など向けのデータ完全消去ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドバンスデザイン、企業など向けのデータ完全消去ツールを発売


掲載日:2008/03/27


News

 アドバンスデザイン株式会社は、持ち運び可能なHDD用データ消去USBツール「DataSweeper Handy」と、データ消去サーバ「DataSweeper Enterprise」を、発売した。

 「DataSweeper Handy」は、幅84mm×奥行き89mm×高さ12mmと小型なUSB起動型のハードウェア。USB起動に対応したPCで容易にデータ消去を実行できるほか、USB起動に非対応のPCではCD/FD(フロッピーディスク)で起動することもできる。起動後はデータ消去プログラム画面が表示され、キーボードを使用した容易な操作により、HDD上に任意のデータで上書きする消去作業が開始される。HDDに保存されたデータは、米国国防総省の規格など世界13規格に準拠した消去方式で完全消去され、消去ログを本体内のメモリに保存することもできる。

 「DataSweeper Enterprise」は、ネットワーク接続したPCのHDDを完全に消去できるサーバクライアント型のデータ消去環境。多数のPC/HDDをまとめて消去でき、自社内のLAN/イントラネットで稼働するため、アウトソーシング不要で安全にデータ消去を完結し、情報漏洩の脆弱性を低減することができる。Webブラウザ上で動作する“管理ツール”により、ライセンスの管理や消去ログのダウンロードなどの操作を実行することができる。

 両製品とも、同社が開発して中古情報機器協会“RITEA”の資格認定を取得したデータ消去プログラム「DataSweeper」を搭載している。消去したPCとツールに、“いつ”/“どのような方法で”/“どのライセンスによって”消去が実行されたかの結果を保存し、内部統制で求められる改ざん防止策を施した消去証明をPC起動ごとに表示することもできる。なお価格は、「DataSweeper Handy」が2万9800円(ライセンス別途/1ライセンス600円から)、「DataSweeper Enterprise」が個別対応となっている。

  (写真:「DataSweeper Handy」)



出荷日・発売日 2008年3月25日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021682


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ