マイクロソフト、IT資産管理を支援するVisioアドインを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、IT資産管理を支援するVisioアドインを無償提供


掲載日:2008/03/26


News

 マイクロソフト株式会社は、ビジネスグラフィックスソフトウェア「Microsoft Office Visio Professional 2007」用に、IT資産運用管理の効率化を支援するアドインツール「Visio IT資産見える化ツール」(Visio IT-asset Visualization Diagram:VIViD)の無償提供を、開始した。

 「VIViD」は、既存のインストール台帳/ライセンス台帳/ハードウェア台帳のExcelファイルを読み込むことで、資産を可視化し、分析するアドインツール。情報システム部門やIT資産管理に関わる部門を対象に、IT資産管理台帳を分析し報告書にまとめ、適切な資産運用計画を支援する。IT資産を自動的に図解し、ドリルダウン(階層の掘り下げ)形式でレポートを作成することで、IT運用管理者の業務を効率化するほか、コンプライアンスやセキュリティ対策にも利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは 【日本オラクル株式会社】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは? 三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021653


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ