提携:日立GPなど、中国で印刷文書の改ざん/複写抑止ソフト提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日立GPなど、中国で印刷文書の改ざん/複写抑止ソフト提供


掲載日:2008/03/25


News

 日立公共システムエンジニアリング株式会社(日立GP)は、北京日立北工大信息系統有限公司(HBIS)と提携し、中国に進出する日系企業や中国系政府機関向けに、印刷文書の改ざん検知と不正な複写や持ち出しの抑止を行なうソフトウェア「証書衛士」を、4月30日より提供する。価格は、個別見積となっている。

 「証書衛士」は、日立GPの製品である印刷文書のセキュリティソフト「紙の番人」をもとにHBISが開発した中国語版。地紋透かし技術を用いて“いつ”/“誰が”などの印刷時の情報を埋め込むことで、偽造/改ざんを検知できるほか、複写を行なった際に表示される自由な複写模様を印刷時に透かし込むことができる。これにより、証書の偽造/改ざんや情報持ち出しを抑止することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 ビジネスの成長を加速するデジタルワークスペースの作り方 【ヴイエムウェア】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
IoT時代に欠かせない人材「セキュリティイノベーター」とは IT技術者への人材ニーズが高まる一方で労働人口は減少へ向かう。人材獲得のためにも働き方改革は必須だ。組織風土とITの両面から、働き方改革を成功に導くポイントを探る。 スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021645


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ