NTTデータ先端技術など、「検疫LANソリューション」を共同開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ先端技術など、「検疫LANソリューション」を共同開発


掲載日:2008/03/25


News

 NTTデータ先端技術株式会社とエンテラシス・ネットワークス株式会社は、NTTデータ先端技術の統合型LAN検疫ソリューション「NOSiDE Inventory Sub System」とエンテラシスの認証スイッチ「Matrix N」シリーズの連携による「検疫LANソリューション」を共同開発し、同機能に対応した「NOSiDE Inventory Sub System」を、発売した。

 今回開発された「検疫LANソリューション」では、クライアントPCの社内ネットワーク接続時に、PCが社内規定のセキュリティポリシーを遵守しているかどうかを検査し、ポリシーに合致していない場合にはPCの接続を禁止することができる“検疫ネットワーク”を構築できるソリューション。企業/教育機関などでネットワークセキュリティの維持/向上を可能とする。

 「NOSiDE Inventory Sub System」にエンテラシスの認証スイッチとの連携機能を搭載し、「Matrix N」シリーズのネットワーク認証機能“ダイナミック・ポリシー”機能を使用して、「NOSiDE」での検査に合格したクライアントPCに対し、認証スイッチの単一ポート上でユーザ単位/PC単位で定義した“ACL”(アクセスコントロールリスト)を割り当てることで、ポリシー違反のPCに対する接続禁止を可能とした。

 検査対象のクライアントPCにあらかじめ検疫“エージェント”(システム管理ツールが管理対象に導入するソフト)の搭載が不要となる、「NOSiDE Inventory Sub System」の“エージェントレス検疫”の機能は連携製品でもそのまま利用することができる。これにより、既存ネットワークに与える影響を抑えながらきめ細かなアクセス制御が可能となり、既存のPC/ネットワークに関するインフラを有効活用した形での検疫ネットワークを導入することができる。なお価格は、「NOSiDE Inventory Sub System」が195万円から(100クライアント時)、「Matrix N」シリーズが234万円から(最小構成時)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 【Gigamon】 サイバー攻撃の60%超で悪用されるWebブラウザは「マイクロ仮想化」で守る 【日本HP】 Symantec Web Security Service 【シマンテック】 来るなら来いマルウェア 攻撃されても大丈夫な「自己回復」ノートPCとは? 【株式会社 日本HP】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 サイバー攻撃の60%超で悪用されるWebブラウザは「マイクロ仮想化」で守る 敵を知り、攻撃を防ぐ。変異・脅威を高めるマルウェアの手口と具体的防御策。 来るなら来いマルウェア 攻撃されても大丈夫な「自己回復」ノートPCとは?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021637


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ