採用:講談社が「intra-mart」でワークフローシステムを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:講談社が「intra-mart」でワークフローシステムを構築


掲載日:2008/03/25


News

 株式会社NTTデータイントラマートは、同社のWebシステム構築基盤製品「intra-mart WebPlatform」が、株式会社講談社の新社内システム「電子承認ワークフロー」の基盤として採用されたと、発表した。

 講談社では、情報のタイムリーな把握による意志決定の迅速化や、経理部門での集中処理から現場入力への移行に加え、処理プロセスの“見える化”が求められていた。今回の「電子承認ワークフロー」は、出版社固有のライターへの支払い処理や印税処理などの業務処理に加え、全社共通業務の経費精算/旅費精算などの効率化/迅速化/見える化を目的に全社員の利用するワークフローとして構築された。

 「電子承認ワークフロー」は、伝票処理フローに加え“全社ワークフロー基盤”として使用できることのほかに、SAPシステムと非SAPシステムを連携させてトータルなビジネスプロセスを構築できる「Exchange Infrastructure」や企業ポータル構築ソフトウェア「SAP Enterprise Portal」といったSAP製品との連携性に優れ、既存のレガシー(旧式の)ホストシステムとの連携も可能としている。また、SAPの導入検討とほぼ同時期に検討され、約9ヵ月で構築(SAPは約12ヵ月)という短期間での開発と同時期での稼働を可能とした。

 導入後は、伝票処理時間が短縮され、ワークフロー処理進捗の見える化を可能としている。複雑なワークフロー処理もコストを抑えながらユーザビリティの優れたものとすることができ、他の業務にも利用可能な拡張性の高さも備えている。今後は、総務系での“電子承認業務”や、従来の“書籍/雑誌/コミック事業”に加え“ライツ/デジタル事業”のビジネス強化を図るために“統合ライツシステム”の構築を進め、「intra-mart」を全社のワークフロー基盤として適用範囲を拡張する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 SIerがワークフロー製品を扱うメリットは? 未経験から始めるパートナーシップ 【パナソニック ネットソリューションズ】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 SIerをワークフロー開発・導入のエキスパートにするパートナーシップとは? 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持つクラウド型のワークフローシステム。PC・スマホから、いつでもどこでも申請・承認が可能。 過去の申請も簡単に検索できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021636


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ