VASCO、大企業/B to B市場向けの認証サーバソフトウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VASCO、大企業/B to B市場向けの認証サーバソフトウェアを提供


掲載日:2008/03/21


News

 株式会社VASCO Data Security Japanは、大企業/B to B市場向けの認証サーバソフトウェア「Identikey Server 3.0」の提供を、開始した。

 「Identikey Server 3.0」は、標準的なRADIUS(認証)クライアントやWebフィルタと連携するスタンドアロンアプリケーションとして利用できるほか、プラグ&プレイ的な概念に基づき開発されているため、ユーザ企業の独自アプリケーションにユーザ認証や署名検証機能を容易に統合することができる。また、モジュール化された設計により、ユーザの一元管理が可能なほか、WindowsとLinuxの両OSの環境に対応でき、XML/HTML形式に対応したレポート出力機能も提供される。これらの管理機能は、操作性に優れたWebベースのインターフェースを介して実行することができる。

 これにより、企業ネットワークへのリモートアクセスやWebアプリケーションに対するユーザ認証で、ワンタイムパスワード(使い捨てパスワード)を利用した同社の認証トークン「DIGIPASS」による2要素認証が利用可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース −−−

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021614


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ