富士通、Windows携帯電話をグループウェア/業務システムと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、Windows携帯電話をグループウェア/業務システムと連携


掲載日:2008/03/14


News

 富士通株式会社は、株式会社NTTドコモが発売する富士通製のWindows携帯電話「F1100」を利用した「モバイルネットワークソリューション」と「モバイル業務ソリューション」を、発売した。

 「モバイルネットワークソリューション」は、グループウェアが稼働する社内サーバへ「F1100」からアクセスすることで、スケジュールの確認やメールの送受信などの機能を「F1100」上で利用できるソリューション。日本アイ・ビー・エム株式会社の「Lotus Notes/Domino」やマイクロソフト株式会社の「Exchange Server」、サイボウズ株式会社の「サイボウズ ガルーン 2」、富士通の「TeamWARE Office」といったグループウェアと連携することができる。また、同社のネットワークサービス「モバイルVPNサービス」を利用することで、「F1100」を社外から社内ネットワークに接続する際の個別のネットワーク構築が不要となり、安全にVPN接続することができる。

 「モバイル業務ソリューション」は、外出先の「F1100」から社内の業務システムに接続し、業務システム上での日報作成/作業進捗報告などを可能とするソリューション。「F1100」がWindowsを搭載しているため、Webアクセス型の業務アプリケーションであれば、特別なプログラムを組み込まずにHTMLベースの定義で「F1100」用の業務画面を作成でき、「F1100」のフルブラウザ機能でアクセスすることができる。クライアント/サーバ型のアプリケーションであれば、マイクロソフトの「.NET Compact Framework」などの一般的な手法を用いた開発が可能となっている。

 更に、富士通の携帯電話アプリケーション実行基盤「Interstage Mobile Manager」を利用すれば、携帯電話の特性を活用したモバイルアプリケーションを容易に開発/運用することができる。これにより、日報作成/作業進捗報告/緊急連絡/棚卸支援/工程管理など、現場の従業員のためのモバイル業務端末として「F1100」を活用することができる。


出荷日・発売日 2008年3月12日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021554


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ