キヤノンSOL、シミュレーション検証機能強化の3次元CAMを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンSOL、シミュレーション検証機能強化の3次元CAMを出荷


掲載日:2008/03/10


News

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は、複合加工などの試作/部品加工向けに、米DP Technology製の3次元CAM(Computer Aided Manufacturing)システムの新バージョン「ESPRIT2008」を、3月より出荷する。

 今回の新バージョンでは、シミュレーションでの複数ウィンドウ対応や、旋盤加工での削り残し量の自動計算、ミリング加工での形状パターンの追加など、機能が強化されている。シミュレーション機能では、複数ウィンドウに対応したことで全体と細部の工具動作を同時に確認/検証することができる。“旋盤機能”に前工程の結果から削り残し量を自動計算する機能が追加され、複合旋盤のB軸オプションを使用することで連続B軸による輪郭加工も可能となった。また、ネジ切り/切り落とし/輪郭加工パターンが拡充された。

 “ミリング機能”では、ポケット加工/フェースミル加工での対応形状パターンが追加され、2軸ミリングでは加工機能の強化が、同時3軸ミリングでは計算時間の向上が図られた。また、加工領域のフィーチャに“フィーチャグループ”という構造が加えられ、複数フィーチャに同一加工を設定した際に“フィーチャグループ”に親-子オペレーションの関係が紐づけられることで、全体/個別の修正が容易になった。ワイヤEDMの専用マシンタイプにマキノ製/シャルミー製が追加され、輪郭加工定義も改良された。これらにより、3次元CADとのスムーズな連携や難易度の高い加工に対応可能となり、容易な操作で精度/効率に優れた加工を可能とする。なお価格は、“2.5軸ミル加工”が137万5000円から、“2軸旋盤加工”が87万5000円から、“2軸ワイヤー放電加工”が112万5000円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021498


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ