SAPジャパン、基幹業務ソフトの機能拡張パッケージの第3弾を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、基幹業務ソフトの機能拡張パッケージの第3弾を提供


掲載日:2008/03/07


News

 SAPジャパン株式会社は、基幹業務ソフトウェア「SAP ERP 6.0」の機能を拡張する「エンハンスメントパッケージ」の第3弾を、2008年第2四半期より提供する。

 「エンハンスメントパッケージ」は、エンタープライズSOA(サービス指向アーキテクチャ)の柔軟性により、稼働システムの中断を最小限に抑え、事業状況に応じて機能を選択し、拡張させることができるパッケージ。今回の第3弾では、財務/人材管理/購買/営業など、コアとなるERPモジュールの機能強化に加え、小売/卸売/公共サービス/製造/運輸/航空/防衛/プロフェッショナルサービス向けの機能が提供される。

 公共サービス向けには、科学研究助成金管理や税収管理、税金還付処理、ショッピングカート、項目階層化の機能が追加される。小売/卸売業向けには、グローバルデータ同期や販促/品揃え計画、小売向け会計、顧客の発注を管理する際の製品検索機能、外部倉庫管理システムへのクロスドッキングインターフェースや予測/補充プロセス改善、モバイル在庫管理などが提供される。製造業向けには、消費財や石油/ガス企業を中心に直接店舗配送と重量把握管理の機能が提供されるほか、リモートロジスティクス/ジョイントベンチャー会計などの機能強化などが実施される。

 「SAP ERP」の各種モジュールや「SAP ERP」がカバーする業務領域全体を横断したサービスインターフェースをグループ化した「エンタープライズ・サービス・バンドル」が50種類以上用意されている。ヘルスケア業界向けのコラボレーティブネットワークなど業界に特化して使われている機能や、従来型の受注処理を改良したものなど既存/新規のエンタープライズサービスを付属させて、ユーザごとの問題点の解決を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBA ITソリューション】 GRANDIT 【GRANDIT】 短期間、低コストで経営を変えたい成長企業向けクラウドERP 【FutureOne】 BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 ハードルが高いERP導入はもはや過去 クラウドERPで現場が変わる SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。 多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021481


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ