DNP、IDカードの運用/管理を効率化する統合管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、IDカードの運用/管理を効率化する統合管理システムを発売


掲載日:2008/03/04


News

 大日本印刷株式会社は、複数の機能を持ったIDカードの運用/管理を効率化する“ID統合管理システム”を、4月より発売する。価格は、システム本体で約500万円(要件定義/カスタマイズ対応は別途)となっている。

 今回発売されるシステムは、人事管理/入退出管理などで既存の様々なメーカの機器やシステムと連携し、一元管理を可能とする。ゲートシステムなどの社内の各システムに向けて自動配信することで、IDカードの利用者ごとに与えられる職務権限などの個別情報に対応した機能に、新規/追加登録や情報の変更を行なうことができる。配信する情報を利用中の社内各システムに合わせて自動的に変換させる機能を備えているため、それぞれのシステムを1社の製品に揃えることを不要とする。

 要件定義を設定後、約1ヵ月から2ヵ月程度で運用開始でき、導入期間を短縮することができる。IDカード作成後には、各システムを即時に利用することができる。また、1枚のICカードで、入退室ゲートや、監視カメラ/OA機器など様々な機器と連携させることでオフィスセキュリティを構築できる“SSFC”(Shared Security Formats Cooperation)に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PKI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

「PKI」関連の製品

国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】
PKI PKI PKI
国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021444


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ