APC、データセンタ内の熱再循環を防ぐソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


APC、データセンタ内の熱再循環を防ぐソリューションを発売


掲載日:2008/03/04


News

 株式会社エーピーシー・ジャパン(APC Japan)は、データセンタ内ラック列の排熱が溜まるホットアイル部分を囲い込み、熱の再循環を防いで冷却効率を向上させるソリューション「HACS」(Hot Aisle Containment System)を、発売した。

 「HACS」は、ラックの列単位で冷却を行なう同社のモジュール式の冷却ソリューション「InfraStruXure InRow」と組み合わせて使用するソリューション。「InfraStruXure InRow」は、ラックの列(Row)内に設置し、ラック内のIT機器の前面に冷気を供給する冷却システムで、ラックに隣接して冷却するため冷却効率に優れ、5kW以上の発熱があるIT機器の冷却にも対応することができる。冷媒方式/冷水方式を選択することができる。

 今回発売された「HACS」では、ホットアイルの両サイドとラック間の天井部分の3方向を隙間なくパネルで塞ぎ、熱を「HACS」内部に留めて冷却する。これにより、排熱をIT機器の吸気部に再循環させずに冷却システムに戻して冷却を行なうことができる。

  (図:「HACS」導入イメージ)



出荷日・発売日 2008年3月3日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021440


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ