日立、コントローラを小型化した入退室管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、コントローラを小型化した入退室管理システムを発売


掲載日:2008/03/04


News

 株式会社日立製作所は、各種の非接触ICカードや指静脈認証システムなどにより、入退室管理の信頼性とオフィスのセキュリティを向上させる入退室管理システム「秘堰(HISEKI)」を、発売した。

 「秘堰」では、認証/制御機能を搭載したコントローラが小型化されているほか、導入後の設定/運用管理に専用ソフトなどが不要でWebブラウザ上で容易に管理できるなど、システム導入/運用管理の負担を軽減することができる。ほかのID管理システムなどと連動させることで、PC/各種業務システムへのログイン認証や、文書管理システム、内部統制のための証跡管理システムなど、オフィス内の様々なシステムとの連携を図るシステム拡張を可能とする。

 ICカードの共通フォーマット“SSFC”やビル管理システムの標準プロトコル“BACnet”など、業界標準の通信方式/データフォーマットに対応しており、オフィス内のキャビネットの管理や、エレベータ/空調/照明などのビル設備との連動、駐車場内車両の入出庫管理などとの連携が可能となっている。


出荷日・発売日 2008年3月3日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021429


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ