MS、社内設置型/SaaS型から選択できるCRMの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MS、社内設置型/SaaS型から選択できるCRMの新版を提供


掲載日:2008/03/04


News

 マイクロソフト株式会社(MS)は、利用方法を社内設置型/ホスティング型(SaaS型:Software as a Service)から選択できるCRMアプリケーションの新バージョン「Microsoft Dynamics CRM 4.0」日本語版の提供を、開始した。

 今回の新版では、ホスティング型/社内設置型とも同一の製品とソースコードを用いるため、ホスティング型でカスタマイズした機能や蓄積したデータを容易に社内設置型へ移行することができる。また、多言語/多通貨に対応したほか、同一サーバ上に複数の企業システムを設置できる“マルチテナント”や、インターネット接続環境からVPNを使用せずに「Dynamics CRM」へのアクセスを可能とするなどの機能拡張が行なわれた。

 SQL ServerのDBミラーリング/クラスタリングに対応し、システム構築の可用性を高めたほか、各種サーバコンポーネントを複数台で負荷分散する“ロードバランシング”に対応したことで、パフォーマンスが向上した。カスタマイズしたシステムや蓄積したデータの移行をサポートするウィザード形式の機能も提供され、ホスティング型から設置型へ、開発環境から本番環境へ、などの環境移行を容易に行なうことができる。また、メールの内容をCRMの営業活動履歴として保存でき、送信元アドレス/件名などの属性に応じて顧客/商談情報と関連付けて自動的に格納することができる。インポート元の外部データソースと「Dynamics CRM」の管理情報項目を自動的にマッピングし、大量データを容易にインポートすることもできる。

 ホスティング型のサービスは、MSとサービスプロバイダライセンスアグリーメントを締結したパートナーによって提供される。ユーザのIT戦略やCRMの展開構想、予算などに基づいて利用方法を選択でき、ホスティング型で限定的に利用を開始し、ユーザ数やスコープの拡大にともなって設置型へ移行することもできる。また、企業情報の提供やテレマーケティングといったCRMに関連するビジネスプロセスアウトソーシング(一部の事業/業務の外部委託)サービスを「Dynamics CRM」上で提供することで、企業情報/見込顧客情報などが自動的に統合され、シームレスなビジネスプロセスと情報活用を可能とする。


出荷日・発売日 2008年3月3日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは 【ロックオン】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 【ロックオン】 広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法 【ロックオン】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「TotalCPA」とは 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021428


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ