コレガ、MPEG4/MotionJPEG対応のネットワークカメラ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コレガ、MPEG4/MotionJPEG対応のネットワークカメラ2機種を発売


掲載日:2008/02/28


News

 株式会社コレガは、MPEG4/MotionJPEGの両動画形式に対応したネットワークカメラで、無線/有線モデルの「CG-WLNCM4G」と、有線モデルの「CG-NCM4」の2機種を、2月29日より発売する。価格は、「CG-WLNCM4G」が3万3500円、「CG-NCM4」が2万2000円となっている。

 2製品とも、Webサーバを内蔵したネットワーク対応のカメラ。PCで設定したあとは、同製品のみで映像を配信することができる。「CG-WLNCM4G」はIEEE802.11g/b規格に準拠した無線機能とLANケーブルで接続する有線機能を搭載し、「CG-NCM4」はLANケーブルで接続する有線モデルとなっている。映像はリアルタイムで、インターネットを経由してモニタリングすることができる。PCではWebブラウザで同製品のURLを指定することで映像を、携帯電話では静止画をモニタリングすることができる。

 MPEG4/MotionJPEG両対応により、画質に優れ、画像を滑らかにモニタリングすることができる。赤外線LED(発光ダイオード)搭載で暗がりでもモニタリングでき、内蔵マイク/音声出力端子を搭載することで音声の録音/出力にも対応する。最大3倍のデジタルズームにも対応している。撮影した静止画を自動でFTPサーバにアップロードすることや、メールで送信することもできる。録画した動画を自動でネットワークストレージに保存することもできる。

 付属のCD-ROMに収録されたソフト「NC Monitor」を使用すれば、16台の映像を一斉にモニタリングすることや、動画の録画、静止画の撮影も行なうことができる。別売のPoE(Power over Ethernet)アダプタ「CG-POEADP2」と接続することで、LANケーブル経由で電力供給を受けることもできる。「CG-WLNCM4G」は、無線LANセキュリティのWEP(Wired Equivalent Privacy)、WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2-PSK(Pre Shared Key:事前共有キー)に対応している。


出荷日・発売日 2008年2月29日 発売
価格 「CG-WLNCM4G」:3万3500円、「CG-NCM4」:2万2000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021395


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ