日立電サ、運用効率を向上させた「入退室管理システム」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立電サ、運用効率を向上させた「入退室管理システム」を提供


掲載日:2008/02/28


News

 日立電子サービス株式会社(日立電サ)は、物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor」で、機能強化によりゾーンセキュリティ運用効率を向上させた「入退室管理システム」を、3月より提供する。

 「入退室管理システム」は、株式会社日立製作所が開発した0.4mm角の無線ICチップ「ミューチップ」やソニー株式会社が開発した非接触ICカード「FeliCa」などのICタグ認証に加え、生体認証にも対応した統合型入退室管理システム。今回、電池を内蔵し自ら電波を発信する“アクティブRFID”を利用した認証機能を付加したことで、ハンズフリーでの入退室が可能となり、手術室など衛生上両手が使えない医療機関や、食品工場の入退室、危険防止のため施設からの出入りを制限したい介護施設など、様々なシーンでの利用が可能となった。

 アクティブRFIDタグ/「ミューチップ」/生体認証など複数の認証デバイスによる入退室記録とカメラによる映像監視記録を連動させることで、ゾーンセキュリティ運用を向上でき、それらの記録をネットワーク上で一元管理することもできる。また、証跡ログの集中管理/分析/レポートなどを提供する日立電サのシステム「SecureEagle/SIM」と連携することで、「Webvisor」の入退室記録/映像監視記録と、ネットワークやサーバ、PCのアクセス記録など、200種類以上のセキュリティログの相関関係を分析して、異常を検知/通報することができる。定期的に要望に沿ったレポートも提供でき、内部統制への対応を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「入退室管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「入退室管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「入退室管理システム」関連の製品

ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】
入退室管理システム
ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021388


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > 入退室管理システム > 入退室管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ