NTT東西、紙資源の再利用が可能なモノクロ複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、紙資源の再利用が可能なモノクロ複合機を発売


掲載日:2008/02/28


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、紙資源の再利用が可能なモノクロ複合機「OFISTAR B5100eco」と専用の印字消去装置「e-blue消去装置」を、発売した。価格は、セットで108万円となっている。

 「OFISTAR B5100eco」は、印刷用紙の再利用を自オフィス内で可能とするモノクロ複合機。FAX/コピー/プリンタ/スキャナの機能を搭載している。専用の青色トナー「e-blue」を使用して印刷した紙に「e-blue消去装置」で熱処理を加えることで、印刷個所の文字や図を消去/消色することができる。これにより、紙資源の再利用を通じて地球環境保護を支援でき、オフィス内の環境意識の向上も図ることができる。

 「e-blue消去装置」を使用することで、A4で200から400枚、A3で100枚から200枚に印字された文字や図を一括消去することができる。1枚の用紙を5回程度再利用でき、紙資源の消費量を抑えることができる。別売の専用ボールペン/マーカーで書き込んだ文字/図も「e-blue」と同様に消去でき、自由に書き込んだ後でも紙を再利用することができる。専用用紙が不要で、普通紙で再利用を行なうことができる。


出荷日・発売日 2008年2月28日 発売
価格 108万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021385


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ