日本HP、ストレージ管理ソフトウェアの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ストレージ管理ソフトウェアの新版を出荷


掲載日:2008/02/27


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ストレージ管理ソフトウェアの新版「HP Storage Essentials 6.0 software」を、3月3日より出荷する。価格は、311万円となっている。

 今回の新版では、SAPやOracleなどのアプリケーションと仮想化されたストレージプールの相関関係を管理/表示し、可視化することができる。これらのアプリケーションの管理を統合することで、仮想化されたシステムの全体を管理することができる。また、「Microsoft Cluster Server」と「Veritas Cluster」のSolaris版のストレージ管理が可能となった。クラスタ構成情報を一元管理でき、他のシステムとの相関関係をグラフィカルに把握できるため、異機種の混合環境を管理することができる。管理画面は日本語化された。


出荷日・発売日 2008年3月3日 出荷
価格 311万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

シンプルで高速な仮想化インフラを実現、次世代ストレージの実力は? 【ノックス】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? 【ネットアップ】 ストレージの利用状況に関するアンケート(2017年12月) 【アイティメディア】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
シンプルで高速な仮想化インフラを実現、次世代ストレージの実力は? ストレージエンジニアはもはや不要? 次世代オールフラッシュ「3つの優位性」 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? ストレージの利用状況に関するアンケート(2017年12月)

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021374


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ