この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、メインフレームの新版を出荷


掲載日:2008/02/27


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、メインフレーム「IBM System z10 Enterprise Class(EC)」を、出荷した。

 「IBM System z10」は、クアッドコア技術を用いた64個のプロセッサの搭載が可能で、その共有を前提とした設計のメインフレーム。処理能力は約1500台のx86サーバに相当し、設置面積を最大85%、エネルギーコストを最大85%削減することができる。また、LinuxやXML、Java、WebSphere(eビジネス環境構築のための同社ソフトウェア製品群)、主要なSOA(サービス指向アーキテクチャ)関連など、様々な種類のワークロードをサポートしている。

 特定のビジネスサービスや関連するITリソースに対してアクセスできるユーザを認証/許可できる“認証管理”(Authorization Management)や、ユーザから課せられた様々な要求に基づいて最大100%の使用率での稼働を図ることができる“利用管理(Utilization Management)”といったポリシー主導型機能も備えている。


出荷日・発売日 2008年2月26日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021370


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ