リバーベッド、Exchange 2007などに対応したWDS製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、Exchange 2007などに対応したWDS製品の新版を提供


掲載日:2008/02/27


News

 リバーベッドテクノロジー株式会社は、WANを経由するアプリケーションの高速化と最適化を可能とするWDS(ワイドエリアデータサービス)システム「Riverbed Optimization System(RiOS)5.0」を、3月よりリリースする。

 「RiOS」は、同社の「Steelhead」アプライアンスに備わったソフトウェアプラットフォーム。今回のバージョンでは、Microsoft Exchange 2007のアプリケーションプロトコルの最適化を可能とし、Exchange 2000/2003/2007に対してアプリケーションレベルの最適化を提供する。また、HTTPとHTTPSの高速化能力に加え、Webベースのアプリケーションに対してプロトコルの余分な対話“chattines”と遅延を削減でき、SAP NetWeaverやOracle、PeopleSoft/JD Edwards、MicrosoftとSiebelのCRM、SharePoint、Outlook Web AccessといったWebアプリケーションのパフォーマンスを改善することができる。

 “RiOS Services Platform”(RSP)機能により、物理的にサーバを支店や拠点に配置せずに“仮想エッジサービス”を提供することができる。ユーザは、優れたサービスを提供しているベンダを選択し、その機能を「Steelhead」アプライアンス内のパーティションに格納することで、支店や拠点のハードウェアを「Steelhead」とルータといった最小限の環境にすることができる。

 3つのWAN可視モードを提供し、エンドトゥーエンド(包括的)で、WANトラフィックのトランスペアレント(透過的)なIPアドレスとポート、またはポートのみ、というアドレスの可視モードを利用することができる。「Steelhead」アプライアンスは、WAN上で最適化されたコネクションのIPアドレス、またはポートを可視化することができる。企業やMSP(マネージドサービスプロバイダ)は、それぞれの環境に適したモードを選択し、ネットワークのデザインを変更せずにWDSソリューションを展開することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN」関連情報をランダムに表示しています。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021365


IT・IT製品TOP > 通信サービス > WAN > WANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ