インサイトテクノロジー、DB監査ツールの新版とコンサル等を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インサイトテクノロジー、DB監査ツールの新版とコンサル等を提供


掲載日:2008/02/27


News

 株式会社インサイトテクノロジーは、DB監査ツールの新版「PISO 4.0」と、監査レポートに対応したオプション製品「Audit Report Option(ARO)4.0」を、4月2日より出荷する。また、これらの製品を活用して特権ユーザ監査を支援するコンサルティングサービス「特権ユーザー監査対応パック」も、4月2日より提供する。

 「PISO」は、DBへのアクセスを記録し、不正アクセスを警告することで企業の情報資産を保護するDB監査ツール。今回の新版では、特権ユーザの監査機能が強化され、Oracle DBに対して特権ユーザのログオンやDBの起動/停止などすべてのアクティビティの監査が可能となっている。また、警告情報とその対処履歴を分析することで、正常なログと不正アクセス/操作の可能性があるログを区別する閾値を容易に決めることができる。環境に適した監視ルールの策定が可能となり、警告の効率的な検出/把握と定量的な管理により、DB監査のPDCA(Plan/Do/Check/Action)サイクルを強化し、データ改ざんや情報漏洩を抑制する仕組みづくりを可能とする。

 日本版SOX法/内部統制に対応した各種監査レポートを作成できるほか、DBのアクティビティやアクセス状況を即座に分析し、警告ルール違反や不審なアクセス/操作をチェックするためのレポートを作成することができる。ダッシュボードを用いた直感的な分析やカスタマイズも可能となっている。また、監視ルールに違反した不正/不審なログオンやアクセスを検知すると、即座にセキュリティ管理者に警告し、接続を遮断することができる。ユーザインターフェースも刷新され、直感的に操作することができる。

 「ARO 4.0」は、30種類の監査テンプレートを提供し、ログの分析/レポートを可能とする。「特権ユーザー監査対応パック」は、1ヵ月で監査運用基盤を構築するコンサルティングサービスで、DBの特権ユーザの操作を100%記録し、監査用のレポートを作成する。なお価格は、「PISO 4.0」が最小構成で460万円から、「ARO 4.0」が250万円から、「特権ユーザー監査対応パック」が300万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021363


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ