日本HP、ゲートウェイ型ファイルサービス製品などを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ゲートウェイ型ファイルサービス製品などを出荷


掲載日:2008/02/27


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ファイルサービス製品とSANスイッチ製品を拡充し、3月中旬より順次出荷する。

 今回出荷されるのは、ゲートウェイ型ファイルサービス製品の新バージョン「HP StorageWorks Enterprise File Services Clustered Gateway 3.6」(EFS Clustered Gateway)と、同様のファイルサービスを提供するソフトウェア「HP PolyServe Software File Serving Utility」(PolyServe FS Utility)、ミッドレンジのファイバチャネルSANスイッチ「Cisco MDS 9222i Fabric Switch」(MDS 9222i)。

 「EFS Clustered Gateway」では、従来のファイルサービスの機能に加え、バックアップ/サーバ管理との連携機能が強化された。16台のサーバを1つのファイルサーバシステムとして仮想的に管理することで、ファイルサービスの拡張性/管理性/可用性を高めることができる。

 「PolyServe FS Utility」は、「EFS Clustered Gateway」にも組み込まれ、サーバとの組み合わせでファイルサービスを提供するソフトウェア。ファイルサーバ統合により投資対効果を高めることができる。また、バックアップや管理の連携機能により、複数のファイルサーバノードおよびデータの一元的な管理環境が可能となり、管理コストを低減することができる。

 「MDS 9222i」は、18ポートの4ギガビットFC(Fibre Channel)ポートと4ポートの1ギガビットイーサネットポートを搭載したスイッチ。FCIP(Fibre Channel over IP:Fibre ChannelコマンドをIPネットワーク経由で通信して遠隔地にある記憶装置を直接操作するプロトコル)や、iSCSI(internet SCSI:SCSIコマンドをIPネットワーク経由で送受信するためのプロトコル)接続にも対応する。遠隔地へのデータ転送の高速化が可能で、今後は圧縮/暗号化エンジンの搭載も予定されており、ビジネス継続や災害対策への要求や、データ管理の柔軟化/堅牢化に対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

「SAN」関連の製品

Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 【日本ヒューレット・パッカード】 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】
SAN SAN SAN
Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021361


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ