日本HP、最大4プロセッサ8コア搭載可能なブレードサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、最大4プロセッサ8コア搭載可能なブレードサーバを発売


掲載日:2008/02/26


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、デュアルコアItaniumプロセッサ9100番台を4プロセッサ8コアまで搭載可能なブレードシステム「HP Integrity BL870cサーバブレード」を、発売する。最小構成価格は、248万3000円となっている。

 「BL870c」は、同社の“第3世代”ブレード「HP BladeSystem c-Class」に搭載可能なブレードサーバ。最大4プロセッサ8コアまで搭載可能で、OSはHP-UXに加えWindows、Linuxなどがサポートされる。x86プロセッサ搭載の「ProLiant」ブレードと同一エンクロージャ内での混在が可能で、一般的な42u(1u=44.45mm)ラックに16台まで搭載でき、ラックマウントサーバ「HP Integrity rx6600」に比べ最大25%消費電力を削減可能なため、省スペース化や省電力化といった“グリーンIT”への取り組みも可能とする。

 サーバをクラスタ化できる「HP Serviceguard」に加え、セキュリティや統合管理ツールといったHP-UXサーバのフル機能をサポートする。これにより、ブレード上でミッションクリティカルシステムに求められる信頼性/可用性を高めた環境を構築することができる。また、サーバを仮想化するためのパーティショニング技術で、HP-UX/Windows/LinuxのマルチOSをサポートする「HP Integrity Virtual Machines」に対応し、仮想化ソリューションの中で、ミッションクリティカルシステムに求められる高可用性を保ちながら、システムリソースを動的に配分し、柔軟なシステム構成を行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成価格:248万3000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021355


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ