アクシス、薄型化/軽量化されたネットワークカメラ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクシス、薄型化/軽量化されたネットワークカメラ2機種を発売


掲載日:2008/02/26


News

 アクシスコミュニケーションズ株式会社は、屋内設置用のネットワークカメラ「AXIS 209FDネットワークカメラ」(209FD)と、メガピクセル対応モデルの「AXIS 209MFDネットワークカメラ」(209MFD)を、2月下旬より順次発売する。価格は、「209FD」が8万7000円、「209MFD」が10万4000円となっている。

 両製品とも、直径10cm×高さ4cm/重さ180gと薄型化/軽量化され、ホテルや店舗などでの監視/モニタリングにも対応するネットワークカメラ。VGA(640×480ドット)で毎秒30フレームの画像生成/配信や、Motion JPEG/MPEG-4の両動画フォーマットでの同時配信が可能で、利用するネットワークの帯域幅や環境に応じて配信画像を最適化することができる。

 PoE(Power over Ethernet)受電機能により、1本のイーサネットケーブルで電源供給と映像伝送が可能で、設置費用を軽減し設置作業を簡易化することができる。“マルチレベルユーザパスワード設定”やIPアドレスフィルタリング機能/HTTPS暗号化機能なども装備し、ネットワークセキュリティを高めている。IPv6にも対応している。

 “動体検知機能”により、画面内の動きを検知してカメラ画像の一時保存やFTP転送、メール転送を行なうことができる。アラーム前後の画像を保存する“プリポストアラームバッファ”機能により、イベント前後の状況を確認でき、「209FD」の場合で最大9MBの画像データ(解像度320×240ドット、毎秒4フレームで約5分間)を録画/保存することができる。

 「209MFD」は、1.3メガピクセルのイメージセンサを搭載し、最大1280×1024ドットの解像度に対応し、デジタルパンチルト機能を装備している。全体画像をVGA(640×480ドット)で表示し、より詳細を見たい個所をクリックすると、その個所を中心とした画像を切り出すことができ、“Windowing”によりスムーズなパンチルト動作を行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021349


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ