コアマイクロ、IP-SAN/NAS統合のネットワークストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロ、IP-SAN/NAS統合のネットワークストレージを発売


掲載日:2008/02/25


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、大容量データを取り扱うエンジニアリング処理や科学技術計算などに向け、ハイブリッド型ネットワークストレージ「SANFiler」シリーズを、発売する。

 「SANFiler」シリーズは、1台のストレージ装置上に、SCSIコマンドをIPネットワーク経由で送受信するためのプロトコル“iSCSI”と、ストレージ装置とサーバの接続にIPのネットワーク技術を使用する“IP-SAN”機能、NAS機能とを統合したハイブリッド型ネットワークストレージ。Windows Unified Data Storage Server 2003を搭載し、導入を容易にしている。

 ホストサーバやバックボーンとの接続は、オプションで10Gビットイーサネットに対応する。2階層のキャッシュメモリにより、ファイルアクセス/ブロックアクセスを高速化するオプションも用意される。SATA(Serial ATA)ドライブを使用したRAID6では、JBOD(Just Bunce Of the Disks)を増設することで50TBまで拡張することができる。ハイアベイラビリティ構成や、SAS(Serial Attached SCSI)ドライブモデルも提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

自社に最適なフラッシュ製品はどれか? 製品選び4つポイント 【日商エレクトロニクス】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 フラッシュ3PARシリーズはどれだけ役立つ? 7つの切り口で検証 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つポイント」 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント 3PARシリーズを徹底検証! フラッシュストレージの基本性能〜障害耐性まで解明

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021345


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ