オートデスク、CADソフト「AutoCAD」/「AutoCAD LT」新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスク、CADソフト「AutoCAD」/「AutoCAD LT」新版を出荷


掲載日:2008/02/22


News

 オートデスク株式会社は、タスク中心のインターフェースにより設計作業を効率化できるCADソフトウェアの新版「AutoCAD 2009」/「AutoCAD LT 2009」の日本語版を、3月21日より出荷する。

 「AutoCAD 2009」では、新たなインターフェース“リボン”が追加された。作業目的ごとのタブが用意され、頻繁に使用されるコマンドが作業別に分類配置されているため、容易に操作することができる。カスタマイズも可能で、ユーザが操作環境を自由に設定することができる。また、操作手順を記録/再生できる“アクションレコーダ”により、反復作業を自動化することができる。

 “画層プロパティ管理パレット”を常時表示したまま編集作業を行なうことができる。画層プロパティの変更が即座に反映されるほか、表示列を固定してスクロールできるため、画層名を確認しながらプロパティを変更でき、画層名の間違いなどの操作ミスを低減することができる。また、「AutoCAD」の3Dモデルの回転や方向の設定を直感的に操作できるツール“ViewCube”が画面の右上に配置され、キューブの面/エッジ/角を選択することで事前に設定した方向にモデルを表示できるほか、モデルを自由に回転させることもできる。

 レイアウト画面を別のDWGファイルのモデル空間に書き出すことができる“ExportLayout”や、図形のプロパティを小さなウィンドウで表示する“クイックプロパティ”、図面とレイアウトをサムネイルで表示し、選択できる“クイックビュー”、最近使用したファイルを日付や種類で分類表示できる“メニューブラウザ”などの機能も追加されている。更に、「AutoCAD」のDWG/DWFファイルから直接、手書きのような外観のプレゼンテーショングラフィックを作成できる“Autodesk Impression”も用意されている。

 「AutoCAD LT 2009」では、“リボン”インターフェースや“メニューブラウザ”などの採用により、作業効率の向上が図られている。


出荷日・発売日 2008年3月21日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021321


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ