アライドテレシス、レイヤ3スイッチに混在認証対応機能等を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、レイヤ3スイッチに混在認証対応機能等を追加


掲載日:2008/02/21


News

 アライドテレシス株式会社は、レイヤ3のギガビットイーサネットスイッチ「CentreCOM 9424T/SP-E」で、同一認証インターフェース上でIEEE802.1x認証/Web認証/MAC認証の混在を可能とする“Tri-Auth”を装備した新ファームウェア「Ver.2.4.1」を、2月27日よりリリースする。同社のWebサイトからダウンロードすることができる。

 “Tri-Auth”は、認証方式が異なるデバイスが存在する場合でも、認証スイッチまたは認証スイッチの接続ポートを分けずにデバイスを収容でき、ネットワーク構成を変更せずに認証ネットワークを容易に構築できる機能。これにより、認証スイッチの配下に廉価なEAP(Extensible Authentication Protocol)透過スイッチを設置できるため、安全なネットワーク構築のコストを下げることができる。

 接続ミスで発生するネットワークのループを検出し、管理者への通知やポートディセーブルといったあらかじめ設定した動作を自動的に実行することで対策を容易にする“ループガード機能”も追加され、耐障害性が強化されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 【アカマイ・テクノロジーズ】 VPNの利用なしに、業務アプリケーションへの安全なアクセスを実現する方法 【アカマイ・テクノロジーズ】 境界線なき企業ネットワークをどうシンプルに守る? 鍵は“ゼロトラスト” 【アカマイ・テクノロジーズ】 内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線 【アカマイ・テクノロジーズ】 働き方改革も支える:パフォーマンスの向上を図るリモートアクセス問題の解消法 【アカマイ・テクノロジーズ】
認証 認証 認証 認証 認証
DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 VPNの利用なしに、業務アプリケーションへの安全なアクセスを実現する方法 境界線なき企業ネットワークをどうシンプルに守る? 鍵は“ゼロトラスト” 内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線 働き方改革も支える:パフォーマンスの向上を図るリモートアクセス問題の解消法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021311


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ