日本アバイア、コンタクトセンタ向けソフトの新バージョンを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アバイア、コンタクトセンタ向けソフトの新バージョンを提供


掲載日:2008/02/21


News

 日本アバイア株式会社は、コンタクトセンタのエージェント管理を容易にするアプリケーションソフトウェアの新バージョン「Avaya Agent MAP Version 3」の提供を、開始した。価格は、オープン価格となっている。

 「Agent MAP」は、同社のIP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」と、コンタクトセンタを管理/運営するための管理者向けシステム「Avaya CMS(コールマネジメントシステム)」を利用している企業向けのアプリケーション。コンタクトセンタのエージェントのステータス(受付可/通話中/後処理中/離席中など)を、スーパーバイザのPCに座席レイアウトの形でビジュアル化して表示することができる。

 今回の新バージョンでは、電話の受付が可能なエージェントとそのステータスを円グラフで表示でき、人数を直感的に把握することができる。エージェントの座席レイアウトを縮小表示することもでき、大規模センタでもフロア全体の状況を一目で把握可能となっている。また、レイアウトにフロア名やチーム名などを挿入できるほか、レイアウトへの切り替え/コピー機能なども強化され、縦長だった座席の形を正方形にすることで、縦長/横長どちらのレイアウトでも表現しやすくなった。

 「Avaya CMS」と連動し、「Avaya CMS」に登録したエージェント名とスキル(対応業務内容)名を自動的に「Agent MAP」で表示できるため、2重登録の手間と時間を低減することができる。また、CMSのリアルタイム情報取得機能をWebサービスとして提供するミドルウェア「CMS Webサービス」と連携することで、スキルのログイン/受付可能人数や、待ち呼(PBXに着信してからエージェントにつながるまで待たされている電話)の数/最大待ち時間の一覧を別ウィンドウで表示可能となる。待ち呼情報は、しきい値を2段階で設定し、赤と黄色で表示することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021304


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ