トランスウエア、ダブルエンジン搭載のアンチスパム製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トランスウエア、ダブルエンジン搭載のアンチスパム製品を出荷


掲載日:2008/02/21


News

 株式会社トランスウエアは、アンチスパム製品の新版「Active! hunter 3.0」を、出荷した。

 今回の新版では、機械学習理論に基づく“SVM”(Support Vector Machine)によるスパムフィルタに加え、利用者から寄せられるスパムメール情報を基に、スパムかどうかを判断するための情報をDBに登録し、それらを参照する“コラボレーション型”のスパムフィルタ“CLOUDMARK”を搭載している。メール中で変更不可能な部分に焦点を当てスパムメール特有の特徴を抽出した情報“フィンガープリント”をDBに登録する“Advanced Message Fingerprinting”技術により、変異種も含めたスパムを自動で検知できるほか、言語や文章に依存しないため、画像スパムやPDFスパムにも対処することができる。

 “SVM”では日本語スパム判定率が強化され、日本語の口語体や話し言葉などのスパムに対処できるほか、未知のパターンのスパムの識別率にも優れている。ユーザ個人ごとの管理/設定画面“パーソナルコントローラ”では、ユーザホワイトリストやユーザブラックリスト、英文メールフィルタ、“SVM”フィルタ、“SVM”フィルタの判定レベル(5段階)、“CLOUDMARK”フィルタの設定が可能となり、ユーザごとに柔軟に運用することができる。なお、数千から数万ユーザの環境に対応したアプライアンスタイプの製品も3月末に出荷される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい? 【アカマイ・テクノロジーズ】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】 InterSafe MobileSecurity/InterSafe MobileSecurity Lite 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい? クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏えいを防止
DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? スマートデバイスのWeb閲覧やアプリ利用、社内アクセスを一括制御するセキュリティサービス。専用アプリ不要でSafariやAndroid標準ブラウザが使え既存システムに影響なし。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021298


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ