日本ユニシス、未承認行為自動検知機能追加で統合ログ管理を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ユニシス、未承認行為自動検知機能追加で統合ログ管理を強化


掲載日:2008/02/19


News

 日本ユニシス株式会社は、ログ運用/活用を支援するサービス「統合ログ管理ソリューション」に、ワークフローシステムと連携する機能を追加し、提供を開始した。

 今回追加された機能は、ワークフローシステムとの連携により、情報システムに加えられた未承認行為を検知し、責任者に警告をする仕組みを自動化する機能。ワークフローシステムの承認ログと、対象とする情報システムに加えられたID作成/プログラム変更といった行為のログとを自動突合することで、モニタリングを正確化/効率化することができる。これにより、未承認行為に起因するデータやプログラムへの不正な変更/破壊を発見し、内部統制に対する説明責任を果たすことができる。

 ログは、統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」によって収集され、相関分析機能を利用して自動的に突合される。情報システム部門担当者の手作業による、紙ベースの承認履歴と情報システムに対する作業履歴の照合作業が不要となり、モニタリングの負担を軽減することができる。

 突合の結果として、未承認の変更作業といった“警告履歴”や、承認済の正当な“変更履歴”を一覧表にしたレポートを自動出力でき、モニタリング状況の定期的な報告として利用することができる。レポートは内部監査/外部監査の際の証跡として活用でき、情報システム部門の担当者による報告書作成の負担を軽減することができる。

 「RSA enVision」の暗号化機能により、ワークフローシステム上の承認ログやログ突合結果を安全に保管することができる。ログは圧縮して保管されるため、必要ディスク容量と保管コストを低減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 「ペーパーレス化」実践術、運用の悩みを一挙に解決 【NTTデータビジネスシステムズ】 ワークフローシステム導入で失敗しないための3つのポイント 【Donuts】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 e-文書対応に悩みを持つ企業必見。経費精算の「ペーパーレス化」実践のコツ! ワークフローシステム導入で失敗しないための3つのポイント 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021275


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ