ソニックウォール、リモートアクセス機器の新ファームウェア提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニックウォール、リモートアクセス機器の新ファームウェア提供


掲載日:2008/02/18


News

 ソニックウォールは、リモートアクセスアプライアンス「SonicWALL Aventail E-Class SSL VPN」の新ファームウェア「SonicWALL Aventail E-Class SSL VPN 9.0」を、日本国内で提供する。

 「SonicWALL Aventail 9.0」では、Windows Vistaを完全にサポートし、“セキュア・デスクトップ”がIE 7とWindows Vistaに対応した。また、“キャッシュ・クリーナ”がMac OS X Leopardに対応したほか、“IPsec Replacement”機能の強化により、Mac OS X LeopardユーザもIPsec VPNからSSL VPNへ容易に移行可能となった。“Aventail Smart Access”と“Smart Tunneling”の接続も強化され、静的なIPの割り当てにより、IPアドレスの1対1のマッピングをユーザに要求するアプリケーションに対応することができる。

 予備のトンネルにより可用性を高める“Tunnel Fallback”や、ローカルネットワークや企業ネットワークでリソースの重複が起こった場合にどちらかのネットワークを選択できる“Network Precedence”(優先ネットワーク)、トンネル接続の際に既存の接続を破棄することで他のユーザからのアクセスを防ぐ“Terminating Existing Connections”などの機能も提供される。トンネル設定のオプションとして、LAN上のプリンタなどのリソースへのアクセスを管理者が特定できる“Redirect All-Non Local”も利用することができる。なお、同社のアプライアンスとの一元管理/モニタを可能とする「SonicWALL Global Management System(GMS)」への対応も予定されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021255


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ