プリンストン、Linuxを搭載したラックマウントタイプのNASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プリンストン、Linuxを搭載したラックマウントタイプのNASを出荷


掲載日:2008/02/14


News

 プリンストンテクノロジー株式会社は、Linuxを搭載したラックマウントタイプのNAS「SN-2123H-QX」シリーズ/「SN-3163H-QX」シリーズの2モデル8タイプを、3月中旬より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「SN-2123H-QX」シリーズは2u(1u=44.45mm)で12ベイ/最大容量12TB、「SN-3163H-QX」シリーズは3uで16ベイ/最大容量16TBのNAS。Linuxベースのユーザインターフェースを備えることでユーザビリティを高め、Windows/Linux/Mac OSなどマルチOS間でデータを共有することができる。オプションでハイアベイラビリティクラスタ機能に対応でき、メイン/サブ間で常時同期をとりながら、メインがダウンした時は自動的にサブに切り替えて運用を維持することができる。また、3年間の製品保証に加え、3年間オンサイト保守を標準採用している。


出荷日・発売日 2008年3月中旬 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021235


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ