シーゴ、I/O仮想化コントローラ「Xsigo VP780」をVMwareに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シーゴ、I/O仮想化コントローラ「Xsigo VP780」をVMwareに対応


掲載日:2008/02/13


News

 米シーゴシステムズは、I/O仮想化コントローラ「Xsigo VP780」の新OSバージョン「Xsigo OS 1.5」が、ヴイエムウェア社の仮想化ソフトウェアスイート「VMware Infrastructure 3」に対応したと、発表した。

 今回の対応により、ヴイエムウェアのサーバ仮想化ソフト「VMware ESX Server 3.5」ベースの仮想マシンと「VP780」の仮想I/O接続が可能となった。また、仮想サーバの一元管理を可能とするヴイエムウェアのソフトウェア「VMware VirtualCenter 2.5」向けに、「VP780」の管理ツール“XMS”(Xsigo Management System)をプラグインソフトウェアとして提供することで、「VMware VirtualCenter」上で仮想マシンとシーゴの仮想I/Oの管理を同時に行なうことが可能となった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「シーゴシステムズ・ジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

仮想化技術の普及に対応するIT資産管理のベストプラクティス 【ウチダスペクトラム株式会社】 ez-NodeFinder 【ニッポンダイナミックシステムズ】 統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】 ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは 自動検出で情シスの未管理端末を発見 多すぎるIT資産の堅実管理法 クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に? ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021219


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ