デル、環境に応じてカスタマイズ可能なサポートサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、環境に応じてカスタマイズ可能なサポートサービスを提供


掲載日:2008/02/07


News

 デル株式会社は、法人のユーザ向けのサポートサービスを刷新し、新たに「デル・プロサポート」として、提供する。

 「デル・プロサポート」は、ユーザの利用環境やニーズ、社内IT体制などに応じてメニューをカスタマイズできるサポートサービス。サーバ/ストレージ/スイッチ/クライアントPCなど、法人向け製品すべてに一貫したサービスを提供する。これにより、従来はエンタープライズ製品とクライアント製品で分かれていた電話窓口や専任担当者が、1ヵ所で対応可能となっている。また、サーバとストレージのみだった「グローバル・コマンド・センター」がクライアント製品にも対応する。

 ITの管理/メンテナンスを行なう担当者がいる企業向けの“IT・プロサポート”や、担当者がいない企業向けの“エンドユーザ・プロサポート”などのサービスモデルを選択できるほか、現場での常駐サービスや、ドライバ/ファームウェアの評価と適用作業を行なう「プロアクティブ・メンテナンス」、製品の偶発的な破損や盗難に対応する「コンプリートケア」、製品の交換時にHDDを保持できる「HDD返却不要サービス」などの追加オプションを、アラカルトで付加することもできる。

 “IT・プロサポート”では、IT管理担当者向けに、デル製品の保守トレーニングも提供される。トレーニングを受講し、デルの認定を取得したIT管理担当者は、障害発生個所の判断を行ない、デルに交換部品を発注するなど、障害発生時の初期対応を自ら行なうことができ、早期の復旧が可能となる。“エンドユーザ・プロサポート”では、電話によるインストール作業などの導入支援や、アプリケーションの使用方法/ネットワーク構築のサポート、ウイルス/スパイウェア対策のヘルプまで、様々な使用時サポートが用意されている。また、他社製ソフトウェアの対応窓口“コラボラティブ・サポート”も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドやオープン系の運用監視、手薄な現状と根本的な解決策 【日本アイ・ビー・エム】 SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
IT部門がマネージド・サービスを採用すべき理由と具体的な選び方 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 手薄になっているクラウド上のシステム監視、楽して運用できる方法とは SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。 マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021179


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ