日本オラクル、エンタープライズ統合管理製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、エンタープライズ統合管理製品の新版を提供


掲載日:2008/02/07


News

 日本オラクル株式会社は、エンタープライズ統合管理ソリューションの新版「Oracle Enterprise Manager 10g Release 4」の提供を、開始した。

 「Oracle Enterprise Manager 10g」は、アプリケーション/ミドルウェア/DB管理を横断して同社/他社システムを管理する統合エンタープライズ管理ソリューション。アプリケーション/インフラの管理にトップダウン方式を採用している。ユーザはサービスレベルを管理し、非常事態に至る前にビジネスの例外事象を予防的に切り分け、アプリケーションからハードウェアまで様々なレベルで問題を是正するなどの作業を単一の管理ソリューション内で実行することができる。

 今回の新版では、本番環境のJavaアプリケーションに関する性能上の問題を監視/診断できる“Oracle Application Diagnostics for Java”機能を備えている。本番アプリケーションに対するオーバーヘッド負荷を1%未満に抑えることができ、アプリケーションロジックへの深い理解も不要な診断エンジンを使用している。ホットプラガブルなアーキテクチャにより、アプリケーションサーバを停止せずに異種混在のミドルウェア環境でも利用することができる。

 また、アプリケーション管理者が稼働中のトランザクションを追跡し、利用者からのJavaアプリケーションに対するリクエストとDBでのアクティビティとを関連付ける診断機能を備えている。同様に、DB管理者はDB内でリソース競合を引き起こしているJavaアプリケーションを迅速に特定することができる。

 セキュリティパッチの集中管理では、Oracle DatabaseやOracle Application Serverなどの同社製品に加え、Oracle Enterprise Linux(同社が提供するRed Hat Enterprise Linux互換のLinux)まで範囲が拡張された。これらに対するセキュリティパッチ適用タスクを任意の時間に、複数サーバへ1度に実行することができる。また、ビジネスインテリジェンス管理機能も拡大されたほか、同社のCRMアプリケーション「Siebel CRM」の診断機能も組み込まれた。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021167


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ