コアマイクロ、50TBまでスケーラブルに容量拡張できるNASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロ、50TBまでスケーラブルに容量拡張できるNASを発売


掲載日:2008/02/07


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、50TBまで(RAID 6設定時)のスケーラブルな容量拡張が可能なNAS「NetFiler EX」シリーズを、発売した。

 「NetFiler EX」シリーズは、NAS本体(ヘッド)「NF-RX2012GAW」シリーズに、増設用JBOD(複数のHDDのあつまり)「JBOD-R2012SA」シリーズを4台までSAS(シリアルアタッチドSCSI)接続できるNAS。両シリーズとも、搭載HDDが500GB×12/750GB×12/1.0TB×12のモデルが用意され、RAID 6時にはそれぞれ5.0TB/7.5TB/10.0TBの容量を備える。NAS本体は、10/100/1000BASE-Tを4ポート備え、オプションで10GbE(10ギガビットイーサネット)にも対応する。

 Windows Storage Server 2003 R2を搭載しているほか、Xeonプロセッサ2基とメモリ2GBによる高速処理が可能となっている。オプションで、2階層のキャッシュメモリによりファイルアクセス/ブロックアクセスを高速化させることができる。なお価格は、NAS本体の1.0TB×12モデルが198万円、増設用JBODの500GB×12モデルが78万円などとなっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021166


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ