サイボウズ、モバイル機能を搭載したSFA製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイボウズ、モバイル機能を搭載したSFA製品を発売


掲載日:2008/02/06


News

 サイボウズ株式会社は、SFA(Sales Force Automation)製品「サイボウズ ドットセールス」の次期バージョンを、3月までに発売する。

 「ドットセールス」は、営業のコンタクト履歴や商談の進捗状況、営業スケジュール、顧客情報などを蓄積でき、案件成立の見込みを営業部内で共有可能とするSFA製品。次期バージョンでは、携帯端末からでもアクセス可能な“モバイル機能”を搭載する。これにより、外出先から「ドットセールス」にアクセスすることで、情報を印刷して持ち運ぶことや、確認のために会社へ戻ることが不要となり、業務を効率化することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 【セールスフォース・ドットコム】 マンガで分かるSFA活用術、データ可視化により新規営業の漏れをゼロに_JUST.SFA 【ジャストシステム】 属人化した営業情報の管理を一元化、自社カスタマイズできるSFA導入が決め手に_JUST.SFA 【ジャストシステム】 情シス視点で見る 導入してもいいSFA、導入したくないSFAとは_JUST.SFA 【ジャストシステム】 SFA導入を経営陣へ納得させるために欠かせないポイントとは_JUST.SFA 【ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 マンガで分かるSFA活用術、データ可視化により新規営業の漏れをゼロに 属人化した営業情報の管理を一元化、自社カスタマイズできるSFA導入が決め手に 情シスから見て「こんなSFAは導入したくない」のは、どんなSFAなのか。SFA導入検討時に、必ずチェックすべきポイントを挙げ、情シスに負担が掛からないSFAの選び方を解説。 SFA/CRM導入において経営者が判断するポイントは「導入して何が変わるのか?」「本当に使うのか?」の2点だ。この2点について経営陣を納得させる具体的な“答え”を紹介。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021158


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ